なりたい大人に

 

就職活動を通して、聞かれることでもあり考えることでもある「あなたのなりたい大人像」

 

私はどんな大人になりたいのか。

 

星野源のように、ひきこもりや大病を患った過去がありながらもそれを受け入れて、でもそれすら明るく語るような根明な人になりたい。

 

岡本太郎のように、孤独と向き合いひたむきに生きることを全うしたような人間になりたい。

 

カズレーザーのように人類の後輩でありたい。

 

私は色んな人に憧れていて、彼らはみな自分の軸をしっかりと持っている。

つまり私は『自分』を持つ人になりたいのかもしれない。

自分の価値観や考えに従って行動できる私になりたいのだと思う。

 

裏を返せば、いまその状況にないのだろう。

誰かの反応を気にしながらその時その時の周囲に自分を合わせている気がする。

 

そしてそんなことをしていたら、自分がやりたいと思うことものも無くなった。

ずぶずぶと沼に沈んでいくような感覚だった。

 

このぼやぼやとした自分のまま、ぼやぼや人生で終わるのではないか。

それこそ、怖い。

 

 

だからやりたいことに素直になって、

少しでも興味があれば挑戦したい。

 

自分で決めて自分で責任をとる。

そうやって人生を自分のものにしていく力を身につけていきたい。